特集 : Beta ガラクトシダーゼ

Beta ガラクトシダーゼ酵素を検出する抗体を紹介します。

Beta ガラクトシダーゼ酵素を検出する抗体を紹介します。

概要

β-ガラクトシダーゼ (Beta-galactosidase) は、β-galやGLB1としても知られる酵素で、βガラクトシドを単糖に加水分解します。ガングリオシド、糖タンパク質、およびグリコサミノグリカンからβ-結合末端ガラクトシル残基を切断します。

抗体名 抗体タイプ カタログ番号 アプリケーション Citations
β-ガラクトシダーゼ ウサギポリクローナル 15518-1-AP ELISA, WB, IF 3
β-ガラクトシダーゼ抗体の詳細はこちら
 β-ガラクトシダーゼ  
本抗体(15518-1-AP、希釈倍率 1:25)を用いた、Hela細胞の免疫蛍光染色。二次抗体はRhodamine-labeled goat anti-rabbit IgG (赤) を用いた。 SH-SY5Y細胞をSDS-PAGE後、抗体 (15518-1-AP、希釈倍率 1:400) を用いてウェスタンブロットを行った。

GLB1 (β-ガラクトシダーゼ) は、ELNR1、ラクターゼとも呼ばれます。ガングリオシド、糖タンパク質、およびグリコサミノグリカンからβ-結合末端ガラクトシル残基を切断します。このタンパク質は、線維芽細胞、平滑筋細胞、軟骨芽細胞、白血球および特定の癌細胞種で発現する非インテグリン細胞表面受容体複合体の主成分であるエラスチン結合タンパク質 (EBP : elastin-binding protein) と同一です。GLB1の欠損は、GM1-ガングリオシドーシス1型(GM1G1)、GM1-ガングリオシドーシス2型 (GM1G2)、GM1-ガングリオシドーシス3型 (GM1G3) およびムコ多糖症4B型 (MPS4B) を引き起こします。

 

Featured Products

Posted:
12 June, 2017

Share:


Back
to top