特集 : C-FOS

C-FOS 抗体を紹介します。

C-FOS 抗体を紹介します。

c-Fosは、核に局在するリン酸化タンパク質であり、前癌遺伝子c-Fos (Proto-oncogene c-Fos) または G0 / G1スイッチ調節タンパク質7 (G0/G1 switch regulatory protein 7) としても知られる転写因子です。c-Fos の主な機能は、細胞の発生における骨格の形成と維持です。転写因子としては、他のタンパク質と一緒に作用し、様々な遺伝子の転写を誘導します。また、c-Fosの発現は、脳内の機能的活性を評価するマーカー (神経活動マーカー) としても使用されます。さらに、腫瘍の進行と関連することも報告されています。

  • 様々な遺伝子の転写を誘導する転写因子

  • 脳内の機能的活性のマーカー (神経活動マーカー)

  • 腫瘍の進行と関連

抗体名

抗体タイプ

カタログ番号

アプリケーション

C-FOS Antibody ウサギポリクローナル 26192-1-AP ELISA, WB

マウス胚組織をSDS-PAGE後、c-Fos抗体 (26192-1-AP、希釈倍率 1:1000) を用いてウェスタンブロットを行った。

参考文献

1. The c-FOS Protein Immunohistological Detection: A Useful Tool As a Marker of Central Pathways Involved in Specific Physiological Responses In Vivo and Ex Vivo. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27167092

2. IL-17 mediates inflammatory reactions via p38/c-Fos and JNK/c-Jun activation in an AP-1-dependent manner in human nucleus pulposus cells. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26988982

3. New technologies for examining neuronal ensembles in drug addiction and fear https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4530016/

Featured Products

Posted:
12 June, 2017

Share:


Back
to top