特集 : IFT88

KD/KO 検証済み

KD/KO 検証済み
抗体 カタログ番号 抗体タイプ アプリケーション  製品使用文献
IFT88 13967-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, IF, IHC, IP, WB 121 文献

IFT88は、多くの機能を有しますが、その中でも特筆すべき機能として、多くの生物の繊毛および鞭毛のアセンブリと維持に不可欠な、鞭毛内輸送を媒介する因子として働きます。プロテインテック のIFT88抗体 (カタログ番号 : 13967-1-AP) は、100報以上での文献使用実績を持ちます。

哺乳動物のヘッジホッグ (Hh) シグナル伝達に関連するKif3タンパク質に関する論文では、プロテインテック IFT88抗体 を、アセチル化チューブリンと一緒に、繊毛退縮 (cilium retraction) のマーカーとしてIF (免疫蛍光染色) に使用しています (1)。

IFT88 ウサギポリクローナル抗体 (カタログ番号 : 13967-1-AP、希釈倍率 1:50) およびアセチル化チューブリンマウスモノクローナル抗体 (カタログ番号 : 66200-1-Ig、希釈倍率 1:50) を用いた、MDCK細胞の免疫蛍光染色。二次抗体はAlexa Fluor 594-conjugated AffiniPure Goat Anti-Rabbit IgG (H+L) (IFT88 : 13967-1-AP) 、Alexa Fluor 488-conjugated AffiniPure Goat anti-Mouse IgG (H+L) (アセチル化チューブリン : 66200-1-Ig)を用いた。

HEK-293細胞をSDS-PAGE後、IFT88 抗体 (カタログ番号 :13967-1-AP、希釈倍率 1:1000、室温 1.5 時間反応) を用いてウェスタンブロットを行った。

関連製品

抗体 カタログ番号 抗体タイプ アプリケーション 使用文献 
IFT122 19304-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, IHC, WB  
WDR19/IFT144 13647-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, WB, IP, IHC, IF 2 文献
IFT20 - KD/KO 検証済み 13615-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, IF, IHC, IP, WB 20 文献
IFT27 - KD/KO 検証済み 15017-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, WB, IHC, IF  
IFT43 24338-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, IHC, IF  
IFT52 17534-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, WB, IP, IF 5 文献
IFT57 11083-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, IF, IHC, IP, WB 11 文献
IFT80 25230-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, WB  
IFT81 11744-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, IF, IHC, IP, WB 13 文献
IFT88 60227-1-Ig マウスモノクローナル ELISA, IF, IHC, IP, WB  

参考文献

1. Primary cilia regulate mTORC1 activity and cell size through Lkb1, (PMID: 20972424).

Featured Products

Posted:
17 October, 2017

Share:


Back
to top