特集 : NF-κB 経路

NF-κB パスウェイ関連抗体をご紹介

NF-κB パスウェイ関連抗体をご紹介

Nuclear factor kappa B (NF-κB: 核内因子κB)は、DNAの転写、サイトカイン産生および細胞生存を制御するタンパク質複合体です。NF-κBは、RelA(p65)、RelB、c-Rel、NF-κB1(p50) およびNF-κB2(p52) の複数のサブユニットからなります(1)。

これらの分子は、二量体を形成して転写因子として機能します。多くの生物学的プロセスに関与し、例えば自然免疫や適応免疫、炎症、ストレス応答、B細胞発生、リンパ系器官形成等において遺伝子の発現を調節します(2)。NF-κBは細胞質内に優位に存在し、細胞質内では、IκBタンパク質が結合した状態で阻害/不活性化されています。古典的経路(標準的経路/canonical)におけるNF-κBの活性化は、IκBのリン酸化、ユビキチン化およびその後のプロテオソーム分解によって行われます。非古典的経路(代替経路/non-cononical)におけるNF-κBの活性化は、p52の前駆体であるp100のリン酸化とプロセシングによって行われます。p52の前駆体 p100が成熟タンパク質となり、形成される RelB/p52 ヘテロダイマーが核に移行し、標的遺伝子発現を誘導します(3)。

NF-κB経路の異常は、癌、炎症性疾患、自己免疫性疾患、敗血症ショック、ウイルス感染、不適切な免疫発達に関連します。NF-κBはまた、シナプス可塑性および記憶のプロセスに関与しすることが報告されています(4、5)。

NF-KB パスウェイポスターのダウンロードはこちら
抗体 カタログ番号 抗体タイプ アプリケーション  
NF-ΚB 14220-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, IF, IHC, IP, WB 24 文献
P65; RELA - KD/KO Validated 10745-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, FC, IF, IHC, IP, WB 128 文献
NFKB2 10409-2-AP ウサギポリクローナル ELISA, IF, IHC, IP, WB 3 文献
NFKB1 23576-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, WB, IHC, IF  
NF-κB 抗体 (カタログ番号:14220-1-AP、希釈倍率 1:50) を用いた、HeLa 細胞の免疫蛍光染色。二次抗体はRhodamine-Goat anti-Rabbit IgG を用いた。

参考文献:

  1. The NF-kappaB pathway.
  2. Shared principles in NF-kappaB signaling.
  3. Introduction to NF-kappaB: players, pathways, perspectives.
  4. The NF-κB activation pathways, emerging molecular targets for cancer prevention and therapy.
  5. NF-κB in the Nervous System
Featured Products

Posted:
8 May, 2018

Share:


Back
to top