特集 : オートファジー LC3 & GABARAP

オートファジーで重要な因子を解説します。

オートファジーで重要な因子を解説します。

オートファジー (Autophagy) とは、損傷したオルガネラやミスフォールドタンパク質を分解するための処理システムです。オートファジーシステムは、細胞内の恒常性維持、分化、栄養飢餓状況での生存、および成長調節において重要な役割を果たすことがわかっています。また、心筋症、自己免疫疾患および癌等のいくつかの疾患にも関与します。

オートファジーの特徴は、二重膜構造を持つ小胞、オートファゴソームの形成です。オートファゴソームは、細胞質を隔離して、分解するためにリソソームに送達します。

オートファジーカタログのダウンロードはこちら
LC3 & GABARAP 抗体

オートファジーに関連する8つのタンパク質 (Atg : Autophagy-related 8 proteins) は、真核生物で最も高度に保存されたタンパク質ファミリーの1つです。Atgタンパク質は、オートファゴソーム膜上のホスファチジルエタノールアミンにユビキチン様の結合を形成します。 この修飾は、オートファゴソーム形成に必須です。哺乳動物細胞中では、少なくとも8つのAtg オーソログが存在し、アミノ酸配列相同性に基づいて、2つのサブファミリー (LC3およびGABARAP/GATE-16) に分類されます。

GABARAPL1-Specific (ATG8L) 抗体 (カタログ番号: 11010-1-AP、希釈倍率 1:50、40X) を用いた、クロロキン処理HepG2細胞の免疫蛍光染色。二次抗体はAlexa Fluor 488-congugated AffiniPure Goat Anti-Rabbit IgG (H+L) を用いた。 1X10^6 HepG2 細胞を0.2ug のGABARAPL1-Specific (ATG8L) 抗体 (カタログ番号: 11010-1-AP) (赤) およびコントロール抗体 (青) で染色した。4% PFAで固定し、3%BSAでブロッキングした。二次抗体は、Alexa Fluor 488-congugated AffiniPure Goat Anti-Mouse IgG(H+L) を使用した。 GABARAPL1-Specific (ATG8L) 抗体 (希釈倍率 1:50) を用いた、ヒト卵巣癌 (パラフィン包埋切片) の免疫組織化学染色 (10X)

LC3B-Specific 抗体染色 (カタログ番号: 18725-1-AP、希釈倍率: 1:50、緑) 
左 : 未処理のHepG2細胞、右 : クロロキン処理HepG2細胞
細胞は、チューブリン抗体 (カタログ番号: 66031-1-Ig、希釈倍率: 1:100、赤) で共染色した (40X)。

LC3A-C (LC3Aは、選択的スプライシングによる2つの形態を持つ) は「LC3サブファミリー」に属し、GABARAP、GABARAPL1、GABARAPL2 (GATE-16) およびGABARAPL3は、「GABARAP/GATE-16サブファミリー」のメンバーに属します。それぞれのサブファミリーは、オートファゴソーム生合成に必須の因子ですが、それぞれ異なる機能を持ちます。

LC3 サブファミリーは、隔離膜 (ファゴフォア) の伸長および最終的なオートファゴソーム形成に関与し、GABARAP/GATE-16サブファミリーは、オートファゴソーム成熟の後期段階で重要な役割を果たします。

関連製品
抗体名 カタログ番号 抗体タイプ アプリケーション
GABARAP 18723-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, WB, IF
GABARAPL1 18721-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, WB, IHC, FC
GABARAPL1-Specific 11010-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, WB, IP, IHC, IF, FC
GABARAPL2 10704-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, WB
GABARAPL2-Specific 18724-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, WB, IHC, FC
LC3 12135-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, WB, IHC, IF
LC3A/B 66139-1-Ig マウスモノクローナル ELISA, WB, IHC, IF, FC
LC3A-Specific 18722-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, WB, IF, FC
LC3C-Specific 18726-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, WB, IF
p62/SQSTM1 18420-1-AP ウサギポリクローナル ELISA, WB, IP, IHC, IF, FC
p62/SQSTM1 66184-1-IG マウスモノクローナル ELISA, WB, IHC, IF

 

Featured Products

Posted:
13 June, 2017

Share:


Back
to top