エピジェネティクス

ギリシャ語の”epi”(上方)と”genetikos”(創始・起源)という言葉に由来するエピジェネティクスは、クロマチン構造を変化させることにより全ゲノムと転写を制御しています。エピジェネティクスは、表現型の環境変化に関連しますが、遺伝子型とは関連しません。クロマチン構造は、エピジェネティックなメカニズムにより修飾を受け、異なる細胞型ごとの独自の「エピジェネティックランドスケープ」を作り出し、結果として細胞独自の機能や遺伝子発現パターン分布を生じさせます。エピジェネティクス研究にご活用いただける当社の関連抗体をご覧いただけます。

「エピジェネティクス」関連製品はこちらをご参照ください

Back
to top