Nano-Trap(ナノトラップ)

免疫沈降(IP)用アフィニティビーズ

Nano-Trapは、免疫沈降(IP)用抗体の世界的なベンチマークとなる製品群です。発現量の少ないタンパク質でも、迅速かつ信頼性の高いワンステップのプルダウンを可能にします。Nano-Trapは、IP用ビーズ(アガロース、磁性アガロースビーズ、磁気ビーズ)と結合したVHH抗体(Nanobody®)からなり、すぐに使用することができます。

利点:

  • 従来のIgG抗体を用いた実験のように、IP抗体に由来する軽鎖や重鎖のコンタミネーションを生じません。
  • 厳しい洗浄バッファー条件にも適合します。
  • 目的タンパク質以外の宿主細胞由来タンパク質への非特異的結合が少なく、低バックグラウンドの精製が可能です。
  • フロースルー画分に目的タンパク質が認められない、非常に効率的なプルダウンを実現します。
  • 親和性が高いため、低発現量のタンパク質に対しても効率的に結合します。
  • インキュベーション時間を短縮できます(30~60分)。
  • 組換え(リコンビナント)抗体として産生され、様々な検証が実施されています。

アプリケーション:

Nano-Trap製品はこちらをご覧ください
immunoprecipitation (IP) comparison of Chromotek's Nano-Trap and conventional antibody

例:Nano-Trap(左)と従来型であるProtein A/G結合IgG抗体(右)を用いた目的タンパク質(POI)の免疫沈降。Nano-Trapでは、単一バンドで目的タンパク質の鮮明なバンドが得られ、従来型とは異なり軽鎖や重鎖由来のバンドは観察されません。

GFP-Trap®が免疫沈降(IP)に最適な理由とは?

バックグラウンドが低く、非特異的なバンドを検出せず、高い特異性を示すため、プルダウンアッセイを劇的に向上させます。 動画では、アルパカの「アリス」がGFP-Trap®を含むNano-Trapシリーズの仕組みについて説明しています(言語:英語)。こちらより無料サンプルをご依頼いただけます。