がん

がんは依然として死亡原因の上位を占めており、転移、増殖シグナル、アポトーシス、オートファジー、代謝、炎症、タンパク質異常等の様々な学問分野が昨今の研究対象となっています。現在の治療法に対して抵抗性を有する制御不能ながんのメカニズムが存在し、がんが再発することがあります。がん細胞のシグナル伝達経路や細胞内プロセシング等の複雑な機構を探索しモニタリングすることで、遺伝子型と表現型との関連を発見できる可能性があります。詳細は以下のトピックをご覧ください。

「がん」関連製品はこちらをご参照ください

Back
to top