特集:DNA損傷修復マーカー

DNA損傷が修復されないと、突然変異や細胞死の誘発につながります。

DNA変異は、結腸がん、皮膚がん、白血病、リンパ腫、乳がん、卵巣がん等の多くのがんの腫瘍形成の要因としてよく知られています。


筋細胞やニューロン(神経細胞)におけるDNA損傷の蓄積は、変性疾患を引き起こします(1)。ヒトの脳は、体内に取り込んだ酸素の約20%を消費し、その適切な機能を維持するために十分な量のエネルギーを産生します。このエネルギー産生の過程で、ROS(活性酸素種)は自然に生じる副産物であり、脳内で容易に蓄積され、DNA損傷を誘発します。

日々、細胞は様々なDNA損傷因子に曝されています(2)。ゲノム安定性のセーフガードとして、細胞は、酸化、加水分解、DNA塩基の二量体化(チミン二量体化)、一本鎖/二本鎖切断による損傷に対する修復経路を発達させてきました(図1)。

図1. DNA損傷特異的修復経路の概要。応答メカニズム:直接修復(Direct reversal)、MMR(MisMatch Repair:ミスマッチ修復)、BER(Base Excision Repair:塩基除去修復)、NER(Nucleotide Excision Repair:ヌクレオチド除去修復)、HR(Homologous Recombination:相同組換え)、MMEJ(Microhomology-Mediated End Joining:マイクロホモロジー媒介末端結合)、およびNHEJ(Non-Homologous End Joining:非相同末端結合)。

気候変動や環境汚染の増加により、DNA損傷因子に曝される機会は増加しています。そのため、DNA損傷の修復メカニズムを解明することの重要性は益々高まっています。Tomas Lindahl氏、Paul Modrich氏、Aziz Sancar氏らは、DNA損傷修復経路を分子レベルで明らかにした先駆者でした(2015年、ノーベル化学賞)。

図2. Chk1抗体(カタログ番号:60277-1-Ig、希釈倍率1:50)を使用した、パラフィン包埋ヒト小腸組織スライドの免疫組織化学染色(10倍レンズを使用)

図3. CDC25C抗体(カタログ番号:16485-1-AP、希釈倍率1:4000、室温で1.5時間インキュベート)によるsh-Controlとsh-CDC25CをトランスフェクションしたHeLa細胞のWB(ウェスタンブロット)

図4. NBS1抗体(カタログ番号:55025-1-AP、希釈倍率1:2000、室温で1.5時間インキュベート)によるsh-Controlとsh-NBS1をトランスフェクションしたHeLa細胞のWB(ウェスタンブロット)

関連製品

ローディングコントロール抗体

GAPDH抗体
カタログ番号:60004-1-Ig

GAPDHは、多くの種類の細胞で安定して高レベルに発現しているため、ウェスタンブロットでタンパク質のローディングコントロールとしてよく使用されます。この酵素は、解糖、DNA修復、アポトーシス等の細胞で起きる現象に関与します。
プロテインテックのGAPDHモノクローナル抗体は、ヒト由来の全長GAPDH組換えタンパク質を抗原として作製しており、5,850報(2022/6/14時点)の文献使用実績があります。

mouse monoclonal GAPDH antibody WB analysis of HeLa cells
Beta Actin抗体(KD/KO validated)
カタログ番号: 66009-1-Ig

β-アクチンはすべての真核細胞で安定して発現しており、タンパク質の発現レベルがほとんどの実験操作による影響を受けないことから、ローディングコントロールとして一般的に使用されています。
β-アクチン抗体(カタログ番号:66009-1-Ig)は3,043報(2022/6/14時点)の文献使用実績があり、幅広い動物種に対する反応性を有します。

WB analysis of Jurkat cells using using beta actin antibody (66009-1-Ig)

プロテインテックのコントロール抗体は、お求めやすい価格¥36,000/150µlで提供しています。

 

DNA 損傷修復マーカー

マーカー名

抗体タイプ

カタログ番号

損傷タイプ/
修復メカニズム

ATM

ウサギポリクローナル

27156-1-AP

DSB

ATR

ウサギポリクローナル

19787-1-AP

SSB

ATRIP

ウサギポリクローナル

11327-1-AP

SSB

CDC25A

ウサギポリクローナル

55031-1-AP

SSB, DSB

CDC25B

ウサギポリクローナル

10644-1-AP

SSB, DSB

CDC25C

ウサギポリクローナル、マウスモノクローナル

16485-1-AP(図3); 66912-1-Ig

SSB, DSB

Chk1

ウサギポリクローナル、マウスモノクローナル

25887-1-AP ; 60277-1-Ig(図2)

SSB

Chk2

ウサギポリクローナル

13954-1-AP

DSB

DDB1

ウサギポリクローナル、マウスモノクローナル

11380-1-AP ; 66010-1-Ig

SSB/ NER

DDB2

ウサギポリクローナル

10431-1-AP

SSB/ NER

Fen1

ウサギポリクローナル

14768-1-AP

DSB/ MMEJ

H2AX

ウサギポリクローナル

10856-1-AP

DSB

Ku70

ウサギポリクローナル、マウスモノクローナル

10723-1-AP ; 66607-1-Ig

DSB / NHEJ

Ku80

ウサギポリクローナル、マウスモノクローナル

16389-1-AP ; 66546-1-Ig

DSB / NHEJ

Mre11

ウサギポリクローナル

10744-1-AP

DSB / HR

NBS1

ウサギポリクローナル

55025-1-AP(図4)

DSB / HR

PCNA

ウサギポリクローナル、マウスモノクローナル

10205-2-AP ; 60097-1-Ig

SSB / NER

POLD1

ウサギポリクローナル

15646-1-AP

SSB

POLD2

ウサギポリクローナル

10288-1-AP

SSB

POLD3

ウサギポリクローナル

21935-1-AP

SSB

POLD4

ウサギポリクローナル

26209-1-AP

SSB

POLE3

ウサギポリクローナル

15278-1-AP

SSB

POLK

ウサギポリクローナル

14455-1-AP

SSB

RAD1

ウサギポリクローナル

11726-2-AP

SSB

RAD51

ウサギポリクローナル、マウスモノクローナル

14961-1-AP ; 67024-1-Ig

DSB / HR

RFC2

ウサギポリクローナル

10410-1-AP

SSB / NER

RFC3

ウサギポリクローナル

11814-1-AP

SSB / NER

RFC4

ウサギポリクローナル

10806-1-AP

SSB / NER

RFC5

ウサギポリクローナル

10385-1-AP

SSB / NER

RPA1

ウサギポリクローナル

12448-1-AP

SSB、DSB / HR

RPA2

ウサギポリクローナル

10412-1-AP

SSB、DSB / HR

RPA3

ウサギポリクローナル

10692-1-AP

SSB、DSB / HR

RPA4

ウサギポリクローナル

18144-1-AP

SSB、DSB / HR

表1. DNA損傷マーカーおよびDNA損傷経路に対する抗体のリスト


表中の「損傷タイプ/修復メカニズム」列で使用されている略称:
Double Strand Breaks(DSB)
Homologous Recombination(HR)
Microhomology-Mediated End Joining(MMEJ)
Nucleotide Excision Repair(NER)
Non-Homologous End Joining(NHEJ)
Single Strand Breaks(SSB)


参考文献

1. D. Stein, D. Toiber (2017) “DNA damage and neurodegeneration: the unusual suspect”.

2. T.Lindahl, D. E. Barnes (2000) “Repair of endogenous DNA damage“.